お問い合わせ

窓のお悩み

結露対策

結露に困らない窓選び

冷えにくい窓にする」のがポイント。
ガラスや窓を二枚重ねにして空気の層をはさんだり、冷えが伝わりにくいプラスチック素材の窓に変えるなど、窓の断熱化によって結露をおさえることができます。

▶︎樹脂素材を採り入れた断熱窓に交換
▶︎内窓をつけて二重窓に
▶︎複層ガラスに交換

断熱対策

断熱を考えた窓選び

屋外の寒さ暑さをシャットアウト。
ガラスや窓を二枚重ねにして空気の層をはさんだり、プラスチック素材の窓に変えることで、一年を通じて屋外の気温の影響を受けにくい窓になります。

▶︎樹脂素材を採り入れた断熱窓に交換
▶︎内装をつけて二重窓に
▶︎複層ガラスに交換

日射対策

日射対策になる窓選び

ガラスの性能で日射熱を効果的にカット。
「遮熱タイプ」のガラスに替えれば、日射熱を効果的にカットできます。また、ブラインド組込み型のガラスやシャッターを取り付ければ、日射をコントロールしやすくなります。

▶︎遮熱タイプのガラスに交換
▶︎ブラインド入りのガラスに交換
▶︎シャッター・雨戸の設置

防音対策

防音対策になる窓選び

内窓をつけるだけで騒音が-40dBもダウン。
ガラスの厚さを変えたり、窓を二重にすることで、室内に入ってくる音を、望ましいレベルにまで下げることができます。

▶︎内窓をつけて二重窓に
▶︎防音タイプのガラス(異厚複層ガラス)に交換

防犯対策

防犯性の高い窓選び

「泥棒に嫌われる窓」にするのがポイント。
侵入に5分以上かかると約7割の泥棒が侵入をあきらめるというデータがあります。侵入にてこずる窓にすることで、防犯性を高めることができるというわけです。二重窓など見た目にも侵入が大変そうな窓にすることも有効です。

▶︎内窓をつけて二重窓に
▶︎ガラス破りに強いガラス(防災安全複層ガラス)に交換
▶︎シャッター・雨戸の取付